ゲストに招待状を送ろう|結婚式を挙げる!

新郎新婦

結婚という門出を迎える

花嫁

事前に連絡を取る

結婚式を挙げることが決まった時は、式当日の約3か月前には招待客へ招待状を送るのが一般的です。いきなり招待状を送るよりは、名簿をリストアップしたうえで事前に連絡をしておくと良いと言われています。結婚式を挙げる式場や日時が決まったら、その時点で電話やメールなどであらかじめ連絡を取っておくと、招待状も無駄にならなくなります。目上の人へ連絡をする場合は、直接会って話すか時間が取れない場合は電話で伝えるようにします。それぞれ都合があるので、急に結婚式を挙げることになった場合を除いては出来る限り時間に余裕をもって連絡すると参加者も都合をつけやすいと言われています。3か月よりも遅くならないように気を付けます。

印刷に気を付ける

結婚式の招待状を自分でプリンターなどを使って印刷して作成する場合は、紙とプリンターが合うかどうかを確認しながら作成する必要があります。その紙の素材によってはうまく印字されなかったり、字がぼやけてしまうことがあります。結婚式の招待状は、人によってデザインも様々で少し遊び心をきかせたような見た目のものも、オリジナリティがあって好まれますが、読みやすくわかりやすい内容を心がける必要があります。誤字や脱字にも注意しながら、文章のレイアウトをしっかりと構成します。また、念のため招待状は数枚は多めに用意しておくと良いと言われています。直前になって急に何か変更があったり、追加で必要になる場合もあるからです。

式の始まりを告げる

結婚式の撮影

結婚式の招待状は業者に依頼して作ってもらうだけでなく、夫婦で手作りする事も可能です。それぞれにメリットがありますので考えてみましょう。保管してもらえるような招待状を送りたい場合、デザインから装飾まで凝ってみましょう。

readmore

挙式・披露宴の前に

夫婦

結婚式の招待状を作成する場合は、きちんと時間に余裕を持ちましょう。挙式・披露宴の2か月前には遅くとも発送したいので、それに間に合わないといけません。招待状の内容は、ちょっとした工夫があるだけで招待客に喜ばれます。感謝の意を手書きで添えたり、会場の地図を別途用意したりしましょう。

readmore

結婚前にすませておくこと

カップル

結婚式の招待状は、結婚式の品格を決めるものとしてとても重要です。出し忘れがあってはならないのはもちろんですが、気持ちの込めかたや、書体など体裁面にもおおいに気を使う必要があります。できればプロの能書家に頼むのがベストです。

readmore